ミクシィで女の子と出会うためのプロフィール作成方法


STEP.1  SNSに登録しよう

ここから始まります

まずはSNSに登録です。これがなんと言っても1番最初♪
やっぱ mixi がいいのではないでしょうか??

このマニュアルも mixi を題材に作成していますので、 コミュニティやマイミクなど、mixi 用語でお話する機会も必然的に多くなります。そういった点からも mixi を使われるのが1番いいでしょう!

さて・・・mixi には参加されましたか??すでに参加されている人は、 これから、このマニュアルに添って mixi の使い方・・・いや・・・ 出会いをGETする為の使い方を刷り込んで下さい!



STEP.2  ファーストコンタクトを制すプロフィール作成術

mixi に参加してから最初にやるべき事。

これなんだか分かります??

それは、 『プロフィール作成』 です。

んん!?

当たり前だろ!?

こんな声が聞こえてきそうですが、このプロフィール作成の手を抜いている人の多いこと多いこと・・・

このプロフィール作成時は、絶対に手を抜いてはいけません!
メチャクチャ大切なんですよ!このプロフィールっての!

なぜだか理由は分かりますか?
少し考えてみてください。

・・・

・・・・・・分かりますよね??

あなたが mixi 参加者のページを見たとき、最初に目に入るのはどのページでしょうか??

そうです!プロフィールですよね!?

これは mixi に限らず、インターネットという媒体全てに言えることですが、あなたのページを訪れたユーザーは、3秒でそのページが自分にとって価値の有るページかそうではないか判断するそうです。

つまり、しっかりとプロフィールを作りこんでいないと、たったの3秒であなたは圏外に吹き飛んで、そのユーザーは2度とあなたのページには訪れてはくれないでしょう・・・
そんなもったいない事をほったらかしにしておいていいわけが無いでしょ!?

このポイントに『ピンッ♪』ときたあなたは、良い勘してますよ♪(笑)

ではでは1つ1つ見てみましょう。
まずは名前。

これ、本名にして下さい。(笑)
どうしても本名を出すのが嫌な人は本名みたいな偽名でもいいでしょう。

ですが、出来るだけ本名がいいです。
理由は簡単です。

信用

これに尽きます。
本名をオープンにする事で、それを見ているユーザーは意識せずともどこかでハンドルネームの人と本名の人とでは差別化して見ています。

そんなもんです。(笑)

ニックネームは親しみやすいネームにして下さい。
間違っても横文字でカッコイイ名前なんて考えないように!!

このニックネームは、リアルで会ったときにも大体そのまま呼ばれます。
加えてコメントを返すときにも使われます。
毎回コメント時に横文字でイライラしながら宛名書くのって面倒じゃないですか??

あなたが面倒だと思うことは、他の人も面倒なんですよ♪
だったら面倒じゃなくさせてあげましょう♪

こういった気遣いが後々大きな差になってくるものです。

次に写真。

ハイ。写真じゃなくてもイラストなんかでもOKですが、『未登録』これだけは絶対にやめて下さい!

これも先程の『本名』ってヤツと同じですか、信用に直結する部分です。
できるだけ本当の顔写真を載せて下さい。

写真を載せるさい、気をつけてほしいのが『角度』でしゅ。

・ ・・『でしゅ』とか言っちゃった・・・(恥)

ハイ・・・『角度』です。

よく『右斜め45度』とか言われますが、目線は外したほうが キレイに写るようです

とりあえず『正面撮り』だけは避けましょう♪
正面から写すのはチョット良くない。(苦笑)


後、写真は3枚載せる事が出来ます。
これもちろんフル活用です。

この3枚の写真であなたを表現し、尚且つ興味を持たせるにはどうすればいいのか??

3枚全てバッチリ決まった写真を使えば、そこであなたの『キャラ』は決定する。

オトボケ写真を掲載すれば、笑いのある人だというイメージを与えるでしょう。

要はターゲットを絞って写真は選べばいいのですが、今回私が推奨するのは、『普通に撮る写真2枚と笑顔が1枚』です。

このパターンですとどんなタイプにも適応できますので、1番オーソドックスでいいかと思います。

他の例としては、バッチリ決めた写真2枚にボキャブラリーを前面に押し出した写真1枚。なんてのもありかな??

『ギャップ』は人の興味を引きますので・・・(笑)


ここまでで小手先の準備はOKです!
ここからがプロフィール大作戦(謎)の本番ですよ!

まず、サイトを作ったりするのも同じなのですが、プロフィールの1番上には、あなたが今1番伝えたい事を書きましょう。

この点については、後で戦略的なお話を致しますが、ここでは頭にだけ入れておいて頂ければOKです。

いいですか??

もう1度復唱しておきますね!


プロフィールの最上段には、 今1番伝えたい事を書きましょう。


それではプロフィールの本文に入ります。

プロフィールの本文にはあなた自身を演出する仕掛けをします。
『演出』と言っても難しく考える必要はありません。

あなたの紹介をする訳ですから、簡単な生い立ちや 特技・趣味などを『しっかり』書いて下さい。

このプロフィール本文も信用を得る為には必須の項目です。
まずは、この第1の壁を突破しない事には先に進めませんので・・・

ちなみに第1の壁っていうのは、インターネット上で最初の 接触、つまりファーストコンタクトにおいての壁を指します。

先にも述べましたが、ファーストコンタクトの勝負は 一瞬で決まります。
リアルでの初対面とは訳が違います。
リアルなら、出会った瞬間に『帰ります』なんて言われる事は まずありません。

少しイヤイヤながらもその後の食事などには付き合ってくれるでしょう。
その間に興味を持たせる事は可能ですよね??


でもネット上ではいきなりサヨナラはよくある話です。
なにせ『自己空間』が主ですから、興味がなければ次のページに いけばいいだけですし、面倒だったら『×』ボタンを押して ページを閉じればそれで終わりです。

そんなシビアな世界なんですね。ネットってのは。

これでファーストコンタクトの重要性はご理解頂けましたでしょうか??


少し憂鬱になってませんか?大丈夫ですか??(笑)

『そんな興味を持ってもらえるようなプロフ書けねーよ!』
とか思ってませんか??


ご安心下さい!
ほとんどの人が真面目にプロフィールなんて書いてません!(笑)

ひどい人だと『宜しく。』これだけです♪(笑)
そんな中において、真面目に生い立ちから綴ったプロフィールは 間違いなく目立ちます。

つまり、真面目にプロフィールを書くだけで、その他大勢から 1つ抜け出せます。

いいですか??

たったこれだけの事で一気にあなたが注目される要素が 出来上がると言う訳です。
お分かり頂けましたか?お分かりいただいたら早速 プロフィールを書き直して下さいね!

サブコンテンツ/dt>

このページの先頭へ